わたしのしかばねをこえてゆけ
Over My Dead Body

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青色確定申告 freee 高速作業Ver. <改良最新版>

<<<< 前作業 >>>>

●レシート整理
クレジットカード払い と 現金払い に分ける



勘定科目(新聞図書費、消耗品費など)ごとに分けて合計額算出、ホチキスでとめて合計額を書いた付箋を貼る
※仕入れは月毎なのでおいとく

●銀行のサイトから明細のCSVファイルをダウンロードしておく
※中身は手を加えない。後で「明細CSVダウンロード」で使う。

●医療費は病院・薬局ごとに分けて合計額をだして付箋。
(少ない場合は親の確定申告にのせたほうがいいかも)


<<<< freeeでの作業 >>>>

●去年の編集画面に戻り全てリセット
設定>リセット
※「年度締め」すると開始残高を設定できなくなるので絶対にしないこと。



●開始残高もリセット、口座も削除。まっさらな状態に。
設定>開始残高の編集
現金0、口座×印、元入金0

口座>口座の一覧(口座名クリック→右上の「削除」)



●右上の会計期間を申告年度に設定する
設定>事業所の設定>詳細設定>会計期間>変更



●口座を登録(同期させない。手動)



●左メニューの「銀行」で「明細のアップロード」をする
さっきのCSVファイルを読み込ませる



●勘定科目を登録していく
・税引前利息 = 事業主借
・国税 = 事業主貸
・クレジットカード引き落とし = 「カード引き落とし」で処理。勘定科目いらない。
・現金入金 = 「口座振替」で処理。勘定科目いらない。
・他銀行から入金 =  〃
※銀行間の資金移動の場合は片方の銀行で「無視」をしないと二重記帳になってしまう!
・ATMから現金出金 = 事業主貸

※間違えて登録した場合 : チェックボックスにチェック入れて「取引登録解除」



●左メニューの銀行残高がマイナスとかおかしいことになるので開始残高編集
※銀行名右の赤いバッテンは押さないこと(押してしまったら「科目を追加」で戻す)
左メニュー銀行名クリック>開始残高「未設定」ボタンクリック>開始残高を編集>
借方科目を追加(「口座の登録」ではない)>プルダウンの5ページめ位に既に登録済みの銀行名があるので選択>
申告期間スタート前の残高を記入

※これでホーム画面の銀行欄にある数字が申告期間最終日の残高になるはず



●まとめたレシートで「支出を登録」していく
※仕入れ以外はすべて12月31日
※口座を「JCBカード」「現金」で間違えない



●左メニューJCBカードがマイナスになっている分をメモ>
支出の登録で 支出・事業主貸・JCBカード・12月31日・マイナス分金額 で登録 
※ホームに戻って0になっているか確認



●借方貸方に未確定勘定が出てしまうので「元入金」で相殺
ヘルプ


<<<< 決算書記入 >>>>

●青色申告決算書1枚目2枚目は損益レポートを見ながら記入



●貸借対照表は「開始残高の設定」と「試算表」を見ながら記入
レポート>試算表>貸借対照表



●確定申告書Bは確定申告>「確定申告書類の作成」>「直接入力編集へ」


●「医療費控除の明細」を記入


●マイナンバー&免許証コピーや生命保険控除のハガキを貼りつける


忘れずにハンコを押しておしまい!!


★提出する書類★
・確定申告書B
・青色申告決算書
・医療費控除の明細書
・添付書類台紙(マイナンバー通知&免許証コピー、生命保険控除証明書)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。