わたしのしかばねをこえてゆけ
Over My Dead Body

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定申告 会計ソフト 無料 freee 使ってみた 【覚書】

◆下準備
・勘定科目ごとに分けたファイルを更に2つに分ける
(「現金払い」と「カード払い」でクリップや封筒で分けておく)

・「仕入れ」(勘定科目「仕入高」)だけは月毎に集計しなければならない。
これも「現金払い」と「カード払い」で分けておく。
カード払いは口座から引き落とされた月で計算。


◆準備する

・事業所の基本データ入力

・全銀行の口座を登録する
キャプチャ
同期は「手動同期のみ」を選択→一度だけ同期して明細を取得する(去年1年分でいいのに今年分も明細取得してしまうのがメンドイ)
ゆうちょは1年分も記録を取得できないので手入力です。あーメンドイ

↓手入力のしかた
キャプチャ
取引>取引を登録
※間違えて登録してしまったら「無視」で処理し「完全に無視」までしないと残高に影響してギャー!となる。

・クレジットカードを登録する
同期は「手動同期のみ」
カードは明細を取得しない。というか1年分も記録が残っていないので中途半端に明細を取得すると混乱する。
カード利用の仕訳をするのは引き落とし口座で「振替」したあと。
マイナスになった口座残高(カード利用分を口座という認識で処理するらしい」を仕訳して結果「ゼロ」にする。


◆仕訳

キャプチャ
・明細を同期すると「新着14」など赤いボタンがズラリと出る。これが「登録待ち」の状態。
一つ一つ「カンタン登録」で仕訳していく。
※「自動登録ルール」を使うとなんだかおかしなことになるので極力使わない。
※摘要タグを新規追加するとき「取引先」と「品目」「メモタグ」を間違わないよう注意!

例)
・取引先から請求額が入金された→ 勘定科目:売上高 摘要タグ:(取引先の名前)
・事業に関係のない振込(ヤフオクとか) →勘定科目:事業主貸 摘要タグ:無記入 
・利息がついた →勘定科目:受取利息 事業主借
・利息にかかる国税と地方税 →勘定科目:租税公課 事業主貸
・JCBカードの引き落とし 
★この場合は「カンタン登録」ではなく「口座振替・カード引き落とし」>「振替先(元)口座を選んでください」で「JCB」を選択 ←これやると「JCB」の口座残高がマイナスになる
んで今度はJCBの口座で仕訳する
・自分の他口座からお金を移動させた 
これも「口座振替・カード引き落とし」で処理。振込先(元)を選ぶ。「備考」に「資金移動」と書いておくとわかりやすい。
・新生銀行の「振込み手数料300円」がプラマイのためにふたつ続く無駄な明細は「無視」で処理。目障りなので「完全に無視」して消去してもいいかも。







「仕入高」以外は購入日関係ナシなのでまとめ入力。
「現金 12月31日(←まとめちゃうので年末最終日で揃えてわかりやすく) 消耗品費 ○○円」「JCB 12月31日 消耗品費 ○○円」



レシート一枚一枚こつこつ入力するのが一番いいが、時間がないときは「現金 8月31日(←まとめちゃったときは末日で揃えてわかりやすくしてみた) 仕入高 ○○円」「JCB 8月10日(←引き落とし日) 仕入高 ○○円」でまとめ入力。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。