わたしのしかばねをこえてゆけ
Over My Dead Body

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Canバッチgood  オリジナル缶バッチ

おそらく大勢の人が探しているであろう「Canバッチgood super!」。

ホントどこにもない。
こんなに人気なんだから再販すればいいのにバンダイさん。

Canバッチgood で作れるバッチのサイズは基本的に3cmのみ。

でもCanバッチgood super!ならアダプターを購入して2.5cm、3cm、4cmのバッチが作れるのだ。

私は初代のCanバッチgood を持ってます。
ヤフオクで買いました。

ホビーガールズ 「New Canバッチ good! 3cm専用 ちゃおスタイル」

ホビーガールズ 「New Canバッチ good! 3cm専用 ちゃおスタイル」

↑本体なのに1000円ちょっとで買えるらしい。安っ!

3センチバッチを大量に生産してますが、やっぱり大きいんです。
服や小物に付けるにしても、少しデカい。

やっぱり、一回り小さい2.5センチが欲しい…。




※ここでCanバッチgoodを使って上手に綺麗にバッチを作るコツを紹介。

・「1」に上パーツ・イラスト・フィルムを載せたら「2」に下パーツをセットしておく。
・一回目(上パーツを作る)のハンドルはバリッと音がしたらもう回さない。
(説明書にはキツく締めると書いてありますが、これをやるとちぎれます。上パーツにフィルムを丸めこませるだけで充分。)
・ハンドルを素早く戻して即座に「2」を入れ込む。
(早くしないとせっかく丸めたフィルムが元に戻りはじめてグチャグチャになって出てくるよ。)
・仕上げのハンドルは結構キツめに回す。でもやりすぎるとバキッていうよ。






それにしても、パーツが高いんですよ。これ。
バッチセットってやつを購入しなきゃなんですが。

マイ Canバッチgood! 3cmバッチセット

マイ Canバッチgood! 3cmバッチセット




缶バッジセット専門店「バッジマンネット」
↑ここでもパーツが買えます。

でもサイズが32mm。

できんの?と思って作ってみました。

結論。



無理でした。


何が悪いのかよくわかんないですけど。グチャグチャ。
パワーが足りないのか。サイズが合わなくて上手く丸めこめないのか。

でもここ、25mmサイズのパーツも安く手に入るんです。

てことはCanバッチgood super!があれば安く製作できるってことじゃ。

ますます欲しくなりました。


Canバッチgood を使わずに業者に頼むのも手。

ZEAMI Art

secondpress
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。